fc2ブログ

[読売新聞] 松浦亜弥の「気がつけばあなた」が好評

969_1.jpgあやや 大スキ ファンのみんな!

 歌手の松浦亜弥が、新曲「気がつけば あなた」(アップフロントワークス)を出した。出演中のCMで流れるフレーズを基にCD化した。デビュー5年目。10代最後の秋を快調に飛ばす「あやや」に聞いた。(大野宏)

 気がつけばいつも 熱い愛に 身を寄せた……。

 今春から放送中の紅茶飲料のCMで流れるフレーズに、放送開始直後から「CDになるのか」という質問や要望が殺到した。短いものだったが、急きょ、つんく♂が曲に仕上げた。

 「これまで、できた曲がCMに使われたことはあっても、CMに使われていたフレーズが曲になり、CDで出るのは初めて。何より、ファンの後押しがあってのことで本当にうれしい」

 満面のスマイルを浮かばせた。完成したのは、身近で見守ってくれる大切な人への感謝と愛情を描くラブソング。このところ、しっとりしたバラードが続いていただけに、軽快なリズムとさわやかな旋律が新鮮に響く。

 「(CMで流れていたフレーズが)サビになり、その前後に付け足した形ですが、付け足し部分が強すぎると不自然で、弱すぎてもだめ。でも、出来上がった曲を聴くと元々あったかのように存在している。歌詞の世界にもすぐなじめて、自然体で歌えました」

 2001年に14歳でデビュー。つんく♂が手がける歌世界と愛らしいルックスがうまくかみ合い、久々の正統派アイドルとして人気を獲得した。

 「5年目になりましたが、早かったな。でも、一日一日を振り返ると、中身の詰まった、密度の濃い時間を過ごしてきた。へこむ時もあったし、大泣きしたこともあったけれど、歌手になって良かったという思いは変わらない」

 若さを前面に出した、アップテンポのポップスが多かったが、最近は落ち着いた曲調の歌も増えた。例えば、昨年出した「渡良瀬橋」。森高千里のバラードをカバーし、新たな一面を見せた。

 「この曲は自分にとっても思い出深い。表現者として成長できた。この5年で歌手としての引き出しを増やすことができました」

 さらに、同じレコード会社に所属する、安倍なつみや後藤真希と組んだ「後浦なつみ」のユニットでも活躍。今年は、この3人に石川梨華を加えた新ユニットも結成した。

 今後の目標として、コンサートで生バンドをバックに歌うことと、作詞への挑戦を挙げる。

 「他の方のコンサートを聴きに行って、生バンドとコミュニケーションを取りながらやっているのをみるとうらやましくなる。作詞は、自分の胸からわき出た言葉を歌ってみたいから」

写真:「へこんだ時の支えは家族や友だちだった」と語る松浦亜弥

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/music/news/20050922et04.htm
sidetitleプロフィールsidetitle

よなか

Author:よなか
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitle2011/6/5からsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード