FC2ブログ

[神戸新聞] 松浦亜弥さんも笑顔 姫路菓子博開会式

 姫路城下で全国の銘菓約六千種が競演する祭典が幕を開けた。全国から集まったお菓子関係者のセレモニーで、広報宣伝局長を務める姫路出身の歌手松浦亜弥さんが開会を高らかに宣言。見て、味わって、楽しむ夢舞台は、華やかなムードに包まれた。開幕時には雨も上がり、大勢の人たちが続々と詰め掛け、早速、入場を制限するパビリオンも出た。

 開会式があった、ふれあいステージは約八百人で埋まり、熱気に包まれた。

 実行委員長の下村俊子・県菓子工業組合理事長が「四百年の時を重ねた国宝姫路城の存在が、菓子博の開催を導いてくれた」と式辞を述べた。

 午前九時すぎ、にぎやかに姫路菓子博のイメージソングが流れると、舞台に和、洋、中華菓子の職人九人が作業着姿で登場。さらにマスコットキャラクター「ひめか」や菓子博レディ、「歌劇★ビジュー」のメンバーらが次々に舞台に上がり、会場を盛り上げた。

 最後に、松浦亜弥さんが登場すると、ムードは最高潮に達した。「故郷、姫路での開催がうれしい。一人でも多く来場してほしい」。満面の笑みで話すと、会場から大きな歓声が起こった。

 ステージと開門前のメーンゲートが中継で結ばれ、大型画面でゲート前の様子が映し出された。松浦さんは、ゲート前で待つ入場者に「雨が降ってどうなるかと思ったが、晴れてよかった。いっぱい楽しんでいってください」と呼び掛けた。

 松浦さんの前に、お菓子の夢と希望が詰まったピンクの箱が運ばれた。開会式会場とゲート前で待つ人たちが「ようこそ姫路へ、姫路菓子博オープン」と声を合わせると、松浦さんが金色の鍵で箱を開け、姫路菓子博がオープン。メーンゲートが開いた。

<以下略>

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000955173.shtml

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

よなか

Author:よなか
FC2ブログへようこそ!

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle2011/6/5からsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード